5万円借りる方法

目次

今すぐ5万円借りたいなら

「どうしても5万円必要」「今日中に5万円欲しい」「明日までに5万円借りたい」

予期せぬ急な出費があり、なんとか今すぐ5万円借りたいのだけど・・と困ることもありますよね。

ここではそんな緊急時に役立つ即日融資で5万円借りる方法についてお伝えします。

今すぐ借りたい!即日融資で5万円を借りる方法

5万円を借りるといっても方法はいろいろあるのですが、即日融資で借りるために適した方法というのは限られています。

結論からいいますと「大手消費者金融のカードローンで借りる」これこそが最も即日融資に適した5万円借りる方法になります。

大手消費者金融のカードローンの中には、「最短30分での審査」「最短1時間で融資」と謳っている業者がいて、融資までのスピードが他の借り方と比べても別格の速さです。

即日で借りられる大手消費者金融のカードローンの中でも特におすすめの業者をこちらにピックアップしました。

即日で5万円借りる!おすすめカードローン

 

低金利のプロミスで5万円借りる

少額融資に向いている消費者金融のカードローンの中でも低い金利が人気のプロミス。

低金利による無理のない返済ができる安心のカードローンで、即日融資も可能なので急いで5万円を借りたい方にも非常におすすめです。

そんなプロミスで5万円を借りる際に知っておきたい審査申込条件や申込みに必要なもの、申込み方法について解説します。

プロミスの審査申込条件

プロミスの審査申込できる方の条件は、年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方です。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方は審査を受けた上で利用も可能です。

無収入の専業主婦の方や、収入が年金しかない方、無職で無収入の方は申込みできません。

プロミスの申込みに必要なもの

フリーキャッシングを申込む際は本人確認書類が必要です。

運転免許証でOKです。有効期限内のものを用意しましょう。

もし運転免許証をお持ちでない場合は、「パスポート+住民票」または「健康保険証+住民票」を用意しましょう。

ちなみに「健康保険証+住民票」が必要になるのは、来店による契約手続きの場合です。

外国籍の方の場合は、在留カードまたは特別永住者証明書をあわせて用意する必要があります。

いずれの場合も印鑑や保証人、担保は不要です。

上記書類に記載された自宅住所と現在住んでいるの自宅住所が異なる場合は、現在お住まいの自宅住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーをあわせて用意する必要があります。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

また、希望の借入額が50万円を超える場合、希望の借入額と他社での利用残高合計が100万円を超える場合は、本人確認書類の他に収入証明書類が必要になります。

収入証明書類は以下の中から1つ選んで用意しましょう。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

5万円を借りる場合は、希望の借入額と他社での利用残高合計が100万円を超えていなければ、収入証明書類は必要はないということになります。

プロミスで5万円を借りる際の申込み方法

プロミスの申込み方法には、WEBからの申込み、電話での申込み、郵送での申込み、来店での申込みがあります。

それぞれの申込みごとにステップが多少違いますが最もおすすめなのが、郵送物ナシ&カードレスで申込みから借入、返済まで全てWEBで完結ができるWEB申込みです。

くわしい申込方法と手順についてはこちらのプロミス公式サイトをご確認ください。

 
プロミス

5万円借りる場合の金利支払いっていくら?

5万円の金利計算を返済金額の比較表と返済計画表にまとめました。

ここでは例としてプロミスの借入利率17.8%で計算しています。

状況によって多少の誤差が生じる場合がありますので、だいたいこのくらいの数値になるのかなという参考目安のひとつとしてご覧ください。

5万円の毎月の返済金額を返済期間別に比較

借入金額 返済期間 借入金利 毎月の返済金額
50,000円 3か月 17.8% 17,163円
50,000円 6か月 17.8% 8,771円
50,000円 12か月 17.8% 4,579円

5万円借りる際の返済計画表

先ほどの条件で5万円借りる場合の3か月、6か月、12か月の返済計画表です。
それぞれの返済計画表は下のボタンクリックで確認できます。

↓ボタンをクリック↓

回数 返済額 元金 利息 残高
1 17,163 16,422 741 33,578
2 17,163 16,665 498 16,913
3 17,163 16,913 250 0
累計 51,489 50,000 1,489 0

5万円借りるといっても3か月で完済する場合、利息の合計は1489円。
17.8%というと一見高そうに見えますが、実際に計算してみると意外とこのくらいで収まります。


回数 返済額 元金 利息 残高
1 8,771 8,030 741 41,970
2 8,771 8,149 622 33,821
3 8,771 8,270 501 25,551
4 8,771 8,392 379 17,159
5 8,771 8,517 254 8,642
6 8,770 8,642 128 0
累計 52,625 50,000 2,625 0

6か月で返済して5万円借りる場合の利息合計は2625円。
借入5万円という少額融資だけあって、利息負担もそこまで大きく感じませんね。


回数 返済額 元金 利息 残高
1 4,579 3,838 741 46,162
2 4,579 3,895 684 42,267
3 4,579 3,953 626 38,314
4 4,579 4,011 568 34,303
5 4,579 4,071 508 30,232
6 4,579 4,131 448 26,101
7 4,579 4,192 387 21,909
8 4,579 4,255 324 17,654
9 4,579 4,318 261 13,336
10 4,579 4,382 197 8,954
11 4,579 4,447 132 4,507
12 4,573 4,507 66 0
累計 54,942 50,000 4,942 0

12か月で完済する予定で5万円借りる場合の利息は4942円。
月平均400円ちょっとの利息返済で5万円を借りることができます。

 

5万円借りる!おすすめカードローン

プロミス
プロミス
1万円からでも借りられるプロミスはもちろん5万円の借入もOK!
少額融資なら無理のない返済が可能です!
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間
限度額 500万円
実質年利 4.5%~17.8%

詳細ページ公式ページ

アコム
利用者数ナンバー1で即日融資にも対応!少額融資に向いているアコムは5万円を借りるのにもおすすめです。
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間
限度額 800万円
実質年利 3.0%~18.0%

詳細ページ公式ページ

SMBCモビット
300x250 オリコンバナー
WEB完結で電話連絡なし!郵送物無し!会社にも家族にも誰にもバレずに5万円借りることが可能!
審査時間 10秒簡易審査
最短融資 最短即日
限度額 800万円
実質年利 3.0%~18.0%

詳細ページ公式ページ

即日5万円借りたい時の注意点と重視されるポイント

カードローンで即日で5万円借りたくても、審査に落ちてしまえばもちろん借りることはできません。

確実にカードローンで即日5万円借りられるように、審査に落ちないための注意点と審査で重視されるポイントをお伝えします。

審査に落ちないための注意点

  • 申込書の内容詐称や記入ミスをしない
  • 同時に複数社カードローン申込みをしない
  • 借入希望額は必要最低限に抑える

審査で重視されるポイント

  • 無職で収入無しではないか
  • 安定的な収入があるか
  • 過去に返済の延滞がないか
  • 勤続年数が半年以上あるか
  • 他社借入が4件以上ないか

審査で重視されるポイントは今すぐ変えられる部分ではないですが、審査に通るために重要なポイントです。

注意点は今からでも守れるものです。確実に即日融資で5万円を借りられるように十分に注意しましょう。

即日融資で5万円借りる!おすすめカードローン

学生が5万円借りる方法

学生にも大学生・短大生・専門学生・高校生と分類され、その中でも20歳以上の学生と20歳未満・18歳以上の学生で借り方が分かれます。

20歳以上の学生が5万円借りる場合

まずは20歳以上の学生の場合ですが、5万円を借りる方法でズバリおすすめはカードローンです。

ただし20歳以上の学生がお金を借りられる必須条件として、アルバイトなどの定期的な収入がある必要があります。

その条件さえクリアしていれば、親や兄弟など家族にもバレずに内緒で5万円を借りることができます。

使用用途に関してもカードローンの場合は使い道は自由で、食費、光熱費といった生活費から、旅行代やデート費用といった交際費まで幅広く使えます。
これは何かと出費の多い年頃の学生さんにとっては嬉しい借り方ですよね。

もう一つの選択肢として学生ローンを利用するという方法もありますが、金利が高い傾向にあり限度額も少ないというデメリットがあります。

さらにATM数が非常に少ない、無利息サービスがほとんどない、申し込みがネットで完結できないなど、不便も多くおすすめできません。

その点、消費者金融のカードローンの場合は、ATM数が多い、無利息サービス有り、WEB完結申し込み可能、即日融資が可能、24時間振込融資が可能、などメリットが非常に多いです。

ですので20歳以上の学生さんで5万円を借りるのであれば、ぜひ消費者金融のカードローンを検討してみて下さい。

消費者金融の中でも特におすすめの大手カードローンをこちらでお伝えしています。

5万円借りるおすすめカードローン

20歳未満・18歳以上の学生が5万円借りる場合

20歳未満・18歳以上ということで未成年者にあたるわけですが、20歳以上の成年とは違って5万円を借りるにも親の同意が必要になります。

借りる方法としては、クレジットカードのキャッシング枠、運転免許ローン、学生専門ローン、トラベルローン、ろうきんのカードローン、質屋、などさまざまですが、無収入では借りられなかったり、高校生は借りれない、といった条件が出てきます。

掘り下げるとかなり膨大な内容になりますので、詳細については別のページで解説します。

無職でも5万円借りる方法ってありますか?

無職といってもその人の置かれた環境や境遇は様々です。
そしてどのような状況の無職なのかによって借入できるかが決まります。
ここからは無職の方の種類ごとに5万円を借りる方法の解説をしていきます。

無職の専業主婦が5万円借りるなら

無職の専業主婦が5万円を借りる方法としては、銀行カードローンです。

大手銀行カードローンですが、みずほ銀行や三井住友銀行などの一部のカードローンは無職の専業主婦の場合、融資を受けることができません。

消費者金融については専業主婦が総量規制の対象で無収入扱いとなりますから、消費者金融からは5万円といえども融資を受けられないです。

一部、配偶者貸付けを認めている貸金業者も存在していますが、中小消費者金融会社や街金であることがほとんどです。

無職の失業者が5万円借りるなら

基本的に失業者は融資を受けることはできません。収入が入る見込みがないわけですから返済能力も無いと判断されてしまうためです。

逆にいうと、失業者であっても返済能力があるとみなされる要素があれば借入することもできます。

具体的には不動産の賃貸収入や権利収入などがある場合で、これに関してはその金額にもよるところですが、条件をクリアすれば無職の失業者であっても5万円を借りる事が可能になります。

その条件に該当しない失業者の方は、残念ながら借り先が限定されます。

社会福祉協議会の総合支援資金、生命保険の契約者貸付制度、現状ですと無職の失業者が5万円借りるならこの2択になるかと思います。

無職の年金受給者が5万円借りるなら

年金受給者がお金を借りる方法としては、1.年金しか収入がないのか、2.年金以外にも収入があるのか、で異なります。

1つ目の年金しか収入がない場合は、独立行政法人福祉医療機構がおこなっている年金担保融資制度という年金を担保にした融資制度を利用した借入になります。

年金担保融資制度に申し込めるのは、厚生年金保険、船員保険、老人福祉年金をのぞく国民年金、労働者災害補償保険の年金、これらの年金を受給しているかたになります。

また、利用目的が不当な方、年金担保による借入残金がある方、生活保護を受けている方、現状届が未提出の方、連帯保証人を頼めない方などは申し込みができません。

2つ目の年金以外にも収入がある方の場合ですが、カードローンを利用して借入することが可能です。

無職で即日5万円借りるなら

たとえ5万円であっても、毎月一定の収入を得ているという条件をクリアしていない限り借りることはできません。

もちろん無職で仕事以外の不労所得などがなければ返済能力も無いと判断されますから、即日はおろか5万円の借入すらもすることはできません。

安定した収入さえ得ていれば勤務形態を問わず即日融資も可能になるので、お金を借りたい無職の方はアルバイトやパートなどでも構わないので、まずは仕事で一定の収入を得る状態に持っていきましょう。

もしその状態までいけば即日融資は消費者金融カードローンがおすすめです。審査も早く融資までの時間も少ないことが多いです。

こちらでは即日融資おすすめカードローンについて解説しています。

無職で即日5万円借りる!おすすめカードローン

会社や家族にバレない?誰にもバレずに5万円借りたい!

会社や家族、周りの誰にもバレずに5万円借りたい・・借金はどんな金額であってもやっぱり周囲に知られることなくこっそり借りたいですものですよね。

結論からいうと、誰にもバレずに5万円借りることは可能です。

親や兄弟、妻に夫、子供、そういった同居する近しい身内にさえ気付かれずに、完全に内緒で借りることができます。

ただし完全にバレずに借りるためには、バレる原因になる要素を徹底的に無くす必要があります。
お金が借りたことがバレる主たる原因はこちらの2点です。

1.会社への在籍確認の電話
2.契約書、ローンカード、利用明細など自宅への郵送物

会社への在籍確認の電話|バレずに5万円借りたい

会社への在籍確認の電話についてですが、基本的に貸す側の金融機関は在籍確認で借主の会社に電話をかけてきても名前や要件を言いません。

ですので、よっぽどのことがない限り会社への在籍確認の電話で、お金を借りたことがバレることはありません。

ただ、カードローンやキャッシング事情に精通している同僚や、勘の良い人間が電話を取った場合は絶対にバレないとは限りません。
また、職場の環境によっては借主に電話がかかってくること自体が不自然で怪しまれるという場合もあるため、これまたバレる可能性はあります。

この部分が大丈夫な方、気にならない方は在籍確認ありの金融機関でも借りられるので、借り先の選択肢は増えますね。

反対に絶対にバレたくない場合は、それらをもカバーする完璧な在籍確認対策を講じる必要があります。

バレずに5万円借りる方法として具体的には、保険証や収入証明書など提出だけで審査できるような電話以外で在籍確認を行う金融機関を選ぶ、ということになります。※該当する金融機関は後述します。

自宅への郵送物|バレずに5万円借りたい

自宅への郵送物には、契約時に送られてくるローンカードや利用明細、そして滞納した場合に送られてくる催促状があります。

ローンカードと利用明細についてはWEB申し込みによって郵送されることを防ぐこともできます。

ですので自宅への郵送物をなくしたい場合はWEB申し込みに対応している金融機関を利用するということも有効です。

滞納についてはもちろんしないに越したことはありませんが、してしまった場合は催促状のほかに自宅への電話などの手段を使い連絡がくることがあります。

どうしても内緒でバレずに5万円を借りたいなら、延滞しないように十分注意して返済していくようにしましょう。

ここからはバレずに5万円を借りたいという方におすすめのカードローンをご紹介します。

バレずに5万円借りたい!おすすめカードローン

プロミス
プロミス
不動の一位!バレずに5万円借りることが可能!
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間
限度額 500万円
実質年利 4.5%~17.8%

詳細ページ公式ページ

アコム
バランスよし!5万円借りるのにもおすすめ!
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間
限度額 800万円
実質年利 3.0%~18.0%

詳細ページ公式ページ

SMBCモビット
300x250 オリコンバナー
バレにくさナンバー1!ノンストレスで5万円借りることができます!
審査時間 10秒簡易審査
最短融資 最短即日
限度額 800万円
実質年利 3.0%~18.0%

詳細ページ公式ページ

銀行で5万円借りたい

銀行は実質年率も低いところがあり、そういった利点は確かにあるのですが、即日融資はできないのでお急ぎの方にはおすすめできません。

5万円前後の少額融資であれば、金利面でも消費者金融は無理のない返済が可能ですし、30日の無利息期間があったりするので十分に安く済ませることができます。

即日融資が可能、金利面も5万円なら全く気にならない差、これらのメリットを考慮するとやはりおすすめは消費者金融カードローンです。

おすすめ消費者金融カードローンの詳細はこちらでご案内しています。

5万円借りるおすすめカードローン

個人融資で5万円を借りたいのですが大丈夫ですか?

「誰か5万円貸してください」「5万円貸してくれる人募集」
個人間でお金を借りたいために、このように掲示板で貸してくれる人を募集したり、ツイッターなどで交渉を持ち掛けられている方を見かけます。

いずれも個人融資(個人間融資)で5万円を借りようとされているわけですが、トラブルの視点からいって正直おすすめできません。

「5万 貸します」などといってお金の工面に困った人に近づき、個人融資で詐欺を働こうという詐欺業者、悪徳業者がいるのです。
個人情報を騙し取られ悪用されたり、保証料や手数料といってお金を逆に騙し取られたりと、様々な被害が確認されています。

法律に基づいた借入でないため気楽にお金を借りられる印象を受けるかもしれませんが、逆に言えば法律外の取引のため自分の身を守るものも何もないわけです。

トラブルが起こってしまってからでは手遅れです。

厳しい審査も面倒な手続きもいらず貸してもらえる、という安易な考えで個人融資を選ばないようにしましょう。

ヤミ金で5万円を借りたいのですが大丈夫ですか?

5万円をどうしても借りたい!と金策に困り、ヤミ金(闇金)に手を出そうとされる方もいらっしゃいます。

結論から言いますと、ヤミ金だけは絶対に利用してはいけません!

ご存知の通りヤミ金は法律で定められた利息をはるかに上回るとんでもない利率で貸し付けします。

一般的なカードローンの利息はだいたい年利18%ですが、ヤミ金の場合そのほとんどが年利40~50%!

5万円といった比較的に少額融資の場合であっても、いつの間にか多額の借金になってしまう、というのは安易に想像できるかと思います。

またソフトヤミ金といって低金利を謳う業者もいますが、これも非常に悪質で恐ろしい業態です。

堂々と営業している分、ヤミ金よりも安心感があるように見えますが、やさしく見えるのは外見だけ。
元本の倍の利息を付ける業者もいるといいますから驚きです。

ヤミ金もソフトヤミ金も無認可での金融業。ようするに法律を破って営業する犯罪業者です。

ヤミ金・ソフトヤミ金からの借金は、法外な利子によって急斜面を転がり落ちていくボールのように加速し、どんどん膨らんでいきます。

ヤミ金は地獄の始まりです。5万円といえども一度手を出してしまえば借金地獄が待っています。
絶対にヤミ金からの借金にだけは手を出さないようにしましょう。

5万円であれば、やはり安心して借りることができる大手の消費者金融や銀行で借りるのがおすすめです。

中でも大手消費者金融は融資までのスピードが早いのも人気で、その実績・知名度から安心て借りることができるので当サイトの訪問者も多く利用されています。

5万円前後の融資であれば最もおすすめできる借入先が大手消費者金融ですので、トラブルなくスムーズに借りたいという方はこちらをチェックしてみてください。

5万円借りるおすすめカードローン

街金で5万円を借りたいです。ヤミ金との違いは何ですか?

街金とは国や都道府県に貸金業登録をしている中小消費者金融です。

主に個人向けに小口融資(5万円も含む)を行っていて、大手の消費者金融とは違いチェーン展開せずに特定の地域のみで営業しているという特徴があります。

基本的には貸金業登録済みの業者を街金といいますが、中には登録せずに営業している業者もいるようで、これについてはヤミ金(闇金)となんら変わらない不法な業者になります。

財務局に正規に登録している業者であれば街金という判断はできますので、街金で5万円を借りたい場合もきちんとした事前調査でヤミ金でないことを確認しましょう。

無審査で5万円を借りたいです。可能でしょうか?

結論からいうと5万円を無審査で借りれるところはありますが、ヤミ金などの違法業者のみ。安心して無審査で借りれるところは皆無です。

しかし5万円といった少額融資であれば、返済能力の審査によって決まる融資可能額の性質から、優良なカードローンなどは借入できる可能性は高いといえます。

ですので、わざわざリスクを背負ってヤミ金を利用する必要はありません。

無審査ではないにせよ、無担保・保証人なしを掲げているカードローンなどであれば5万円前後の少額融資にはもってこいですから、まず審査を受けてみるのが良いでしょう。

大手消費者金融の中には審査最短30分・即日融資に対応といった好条件の業者も少なくないので、5万円であれば比較的は早く借入できる可能性があります。

こちらで当サイトユーザーおすすめの大手消費者金融のカードローンをお伝えしていますので、よろしければ参考にされてみてください。

5万円借りるおすすめカードローン